• 山形の味を、
    召し上がれ。

    鶴岡スエヒロ食堂

  • 山形の味を、
    召し上がれ。

    鶴岡スエヒロ食堂

山形の「うんめな」
あります。
鶴岡スエヒロ食堂
です。

冷たい肉そば

コシの強い田舎そばに、出汁の効いたタレをかけ、鶏チャーシューと小口に刻んだネギをのせたシンプルな蕎麦。
鶏は若鶏ではなく、歯ごたえと深い味わいの親鶏のもも肉を使用。
山形では「つったい肉そば」とも呼ばれており、本場河北町では冬の寒い時期でも多く食される山形のソウルフードである。
太めの田舎蕎麦、親鶏、葱とシンプルながらも一般的なかけそばとは一線を画す1杯をお届けいたします。
山形県河北町発祥の料理。

ソースカツ丼

炊き立てご飯の上に新鮮キャベツの千切りを敷き、揚げたてのトンカツをのせた丼。
全国に様々なスタイルのソースカツ丼があるが、鶴岡スエヒロ食堂ではサクサク食感と、揚げたての香ばしさを損なわないようにソースは後がけ式。
肉は厳選した三元豚肩ロース、パン粉は食感と香ばしさをを演出するために粗目の生パン粉を使用している。
甘さとスパイスが効いた秘伝の自家製ソースでご賞味くださいませ。

ソースカツ丼

炊き立てご飯の上に新鮮キャベツの千切りを敷き、揚げたてのトンカツをのせた丼。
全国に様々なスタイルのソースカツ丼があるが、鶴岡スエヒロ食堂ではサクサク食感と、揚げたての香ばしさを損なわないようにソースは後がけ式。
肉は厳選した三元豚肩ロース、パン粉は食感と香ばしさをを演出するために粗目の生パン粉を使用している。
甘さとスパイスが効いた秘伝の自家製ソースでご賞味くださいませ。

こだわり/風土

ユネスコ食文化創造都市、食の都【鶴岡市】

山形県鶴岡市は、北に鳥海山、東に月山という気高い山々から広大な庄内平野、日本海へと至る変化に富んだ地形の中で、海の幸・山の幸に恵まれた豊かな食文化を有し、先人たちの知恵と情熱によって独自の食文化を今に伝えています。

こだわり/味

【山形の冷たい肉そば】

本来は鶏だしの少し甘めの味付けがセオリーだが、鶴岡スエヒロ食堂ではより澄んだ透明感ある味わいにする為に鰹出汁を使用。
スープがコシの強い蕎麦に負けない様に自家製鶏油をいれることで、繊細な中にもしっかりとしたコクと風味を表現。
水にもこだわり、ミネラル豊富な【電解水素水】を使用。
安心安全と化学調味不使用、本物の味を追求しております。

「うんめぐ」する
いろんなこだわり

冷たい肉そば

茹で

大量のお湯の中で麺を泳がせるように茹でる。
ゆっくり対流する状態を維持し、むら無くベストなタイミングを計る。

洗い

重要な要素の一つであるコシ。
茹であがった蕎麦を急冷することで余熱での糊化を防ぎ、大量の水で流しぬめりを取ることで歯切れのよいコシの強い蕎麦にしあがります。

出汁

厳選した鰹節と鯖節を使用、丁寧にとった出汁は黄金色に輝いております。
冷たくても確りとした味と風味を楽しんでいただける様に、出汁に更に追い鰹でコクと風味を増しております。

かえし

仕込んでから2週間以上ねかせた蕎麦のかえしは、まろやかで深い味わいに。

ソースカツ丼

揚げ

一つ一つ大事に仕込んだ肩ロースカツは新鮮な油で、外はサクッと中はジューシーに揚げております。
ひと味違う専門店のカツをご賞味くださいませ。

調和

【炊き立て・揚げたて・とれ立て】タイミングと鮮度にこだわった白米、カツ、キャベツをダイナミックかつ最良のバランスで丼に盛り込んでおります。
トンカツをご飯にのせただけではない【丼】は調和が命です。

白米

米どころ山形県の庄内産特別栽培米【ひとめぼれ】炊き立ては光り輝くまさに銀シャリ。
節減対象農薬で育てられたお米は安心安全かつ、米一粒一粒に味があり、白米だけでも飽きずに食べられるほどの味わいです。

秘伝

ソースカツ丼のタレはスパイスを効かせながら少し甘めの味付け。
カツ、キャベツ、白米、タレと合わさることでベストな味わいになるように調整された自家製タレ。
奥深い味わいをお楽しみくださいませ。

© Copyright - 鶴岡スエヒロ食堂